Docker Desktopとは?

以前はDocker For WindowsDocker For Macと呼ばれていたソフトウェアが2018年9月頃にDocker Desktopに統一されました。

WindowsおよびmacOSでももっとも簡単にDocker SwarmKubernetesを実行出来ます。

WindowsではHyper-V、macOSではHyperkitを使用。

目次

  1. 注意点
  2. Docker Desktopを導入する
  3. Docker Desktopの設定
  4. エラー対応
  5. おわりに

注意点

WindowsでHyper-Vを使用するには下記使用要件(公式の使用要件ページ)を満たす必要があります。

  • 要件の確認
    1. Windows Professional、Enterprise、および Education
    2. 64bit版OS
    3. 仮想化テクノロジー(Intel VT/AMD V)の有効化
    4. 最小4GBのメモリー

Hyper-Vは、Windows 10 Homeにはインストールできません。

Docker Desktopを導入する

Windows

公式サイトからインストール

もしくはChocolateyなどでインストールをする。

Hyper-Vを有効化する(GUI)

スタート>設定>アプリ>プログラムと機能>Windows の機能の有効化または無効化を開きHyper-Vにチェックを付けてOK

※ OS再起動が必要になります

Hyper-Vを有効化する(コマンド)

管理者として PowerShell コンソールを開き下記実行。

Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Hyper-V -All

※ OS再起動が必要になります

Mac OSX

  1. Homebrewで入れる場合、下記コマンド実行。
    brew install docker
    brew cask install docker
  2. Docker.appの起動。下記コマンド実行。
    open /Applications/Docker.app
    色々とダイアログが表示されると思いますので、メッセージに従って実行を進めて下さい。
  3. アカウントを登録
    下記のような画面が表示されますので、Sign in / Create a Docker IDでアカウント登録してください

  4. MacのメニューバーにDockerのアイコンが表示されたら完了です。

Docker Desktopの設定

共有設定(Windowsのみ)

ホストのディレクトリをコンテナにマウントする際に共有の設定、許可をしていないといけないため設定します。

タスクトレイのクジラアイコンを右クリック>Settingをクリック。

Settingsウィンドウが表示されるので、Shared Drivesをクリックします。

共有を許可するドライブにチェックを入れて、Applyをクリックします。

左下が再びDocker is runningとなれば完了です。

エラー対応

shared folder設定時にFirewallの警告が出る場合は

  1. ファイアウォールで許可するように設定する
  2. ネットワークの種別をプライベートネットワークに変更する
    Set-NetConnectionProfile -interfacealias "vEthernet (DockerNAT)" -NetworkCategory Private
    尚、DockerのShared Drives設定で以下のようなファイルシステム認証画面が出た場合は、ホストPCのユーザ名(ログインアカウント)とパスワードを入力して認証すればOK!

Hyper-Vが有効になっていない場合

上のようなプロンプトが表示されるので、Hyper-Vを有効化させてください。

おわりに

Macに比べてWindowsでは要件が厳しいですが、Dockerは便利なので積極的に使っていきたいですね!


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください