WSLの導入手順

WSL (Windows Subsystem for Linux) の導入手順について書きます。

WSLとは?

Windows10(バージョン1709以降)で利用可能になったWindows10からLinuxを利用するための機能です。

目次

  1. WSLを導入する
  2. Linuxディストリビューションをインストールする
  3. おわりに

WSLを導入する

コマンドの場合

以下のコマンドをPowerShellを管理者権限で起動し実行します。

Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux

GUIの場合

  1. プログラムと機能 → Windowsの機能の有効化または無効化を開きます。

  2. ダイアログ内のWindows Subsystem for Linuxの左側のチェックボックスにチェックを付けてOK

  3. Windowsを再起動します。

Linuxディストリビューションをインストールする

Windows Storeで、WSL用のLinuxが提供されていますので、そちらからお好みのものを導入します。

今回はUbuntu 18.04 LTSをインストールします。

  1. Windows Store内でお好みのLinuxディストリビューションを表示し、インストールボタンを押します。

    ※ 初めてインストールする際には入手ボタンを押すことが必要です。

  2. 起動をクリックします。

  3. ユーザー名とパスワードを入力します。

    これでUbuntu18.04 LTSを使い始めることができます。

  4. 次回以降の起動

    スタートメニューにUbuntu18.04 LTSが追加されていますのでそちらから起動します。

おわりに

WSL (Windows Subsystem for Linux) の導入手順について書きました。

WSLだけではLinuxコマンドをCygwin等を導入しなくても使用できるようになった程度でメリットが見えにくいです。
次回以降Dockerを使用したWEB開発環境の構築について書いていこうと思います。


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください